導入事例

訪問看護ステーションひのき

訪問看護ステーションひのき

訪問看護ステーションひのき様データファイル

■主な業務:訪問看護・訪問リハビリ・小児訪問リハビリ
■所在地:〒606-8322京都市左京区岡崎入江町18-4
■連絡先:(075)761-7336
■スタッフ人数は12名
■平均年齢は35歳

■訪問看護ステーションひのき様の特徴
京都市左京区を中心に、老人看護および小児マヒ児童の看護・リハビリを行っており、
平均年齢は若いのですが、利用者様や患者様の気持ちになって、
業務を行っていますので、利用者様およびご家族の方からは大変高い評価を頂いているステーション様です。

訪問看護ステーションひのき様ホームページ

ひのきWebサイト
■くわしい業務内容は、www.kyoto-hinoki.comをご覧ください。

訪問看護ステーションひのき代表の紹介

ひのき(檜)は古くから日本家屋の建築材として使用され、実は皆さんの生活に慣れ親しんだ木です。
「訪問看護ステーションひのき」は①ひのきのように皆さんの生活の柱になりたい、②いろいろな専門職が年輪のように輪になって病気や障害を持った方をサポートしていきたい、という思いをこめています。
お子さんからご高齢の方まで、住みなれた我が家でもっと安心して生活できるように!これから手助けさせていただきたいです。

訪問看護ステーションひのき
代表取締役・理学療法士 下 嘉幸

代表下様

利用者様や患者様の処置に当たるには膨大なデータが必要

訪問看護ステーションひのき代表

訪問看護では、利用者様や患者様の元へ向かう必要があります。その為に、利用者様や患者様によっては多くの機材を用意して行く必要があり、荷物が多くなる場合が大半です。さらに一人ひとりの利用者様や患者様の状況を把握するための重要カルテは結構なウエイトを占めています。これが、端末一つで利用者情報を把握することができるので、重いカルテを持ち運びすることなく訪問することが可能になりました。

利用者様患者様の日々の変化をグラフ付き報告書で

処置イメージ
日々の訪問看護を行っている際の記録をグラフとして出力が簡単にできて、報告書に添付して提供できることで、ご家族からは喜ばれています。
バイタル変化をグラフで提示することができ、通院のときに主治医に提出することができるデータとして助かるとのお言葉を利用者家族から頂きました。

病状や状態を的確に伝える難しさを解決

訪問看護ステーションひのき代表

各担当スタッフが利用者様や患者様を訪問し、看護やリハビリを行っています。でも実際には千差万別に現場での状況や対応は、状況によって日々いろいろなことが起こります。そこで、起こったことなどを文字や言葉では伝わりにくい利用者の状態を画像と動画で各関係者に提示することがこのシステムを導入したことで可能になり、サービス担当者会議やカンファレンスで大変助かりました。